月別アーカイブ: 2015年4月

敏感肌に合った化粧品と洗顔

敏感肌の原因は、肌内部の水分が足りないために起こることが多いのですが、肌質と合っていない化粧水の使用も、要因の一つに挙げられます。

そう感じている敏感肌の女性は、まずは、肌の質感とマッチした低刺激の化粧水を使って、たっぷりと保湿を心がけてください。

普通肌、乾燥肌、敏感肌など、多種多様な肌質がありますが、中でも、敏感肌の人は、どんな専用スキンケア商品であっても効果があるわけではありません。

仮に、敏感肌用以外のスキンケア商品を使用した場合には、肌に負担を与えてしまうかもしれないので注意しましょう。

日常のスキンケアでは、良い水分と十分な油分を良い均衡で補い、皮膚が生まれ変わるターンオーバーや悪いものを排除する働きを弱くさせることがないよう、保湿を着実に実行することが重要だと言えます。

また、お風呂に入っている時は、肌から水分がどんどん外へ抜け出ていきます。

肌を乾燥から守るために、化粧水と乳液のケアをした後に保湿クリームでのケアをオススメします。

保湿クリームを夜の間に使うと翌朝まで肌の潤いが続き、お化粧のノリも格段に良くなります。

そして、外見で最も気になる部分の肌は、やはり、顔だという人が圧倒的多数でしょう。

そんな大切な顔のお手入れは、洗顔が基本です。

洗顔は、顔の汚れや過剰な皮脂を洗い流すことが目的ですが、その洗顔法は、石鹸、クリームの泡立ての方法が大切です。

まずは、30度くらいのぬるま湯で顔を洗い、次に、泡立てネットで、空気をよく含ませながらモコモコに泡立てて、手のひらいっぱいに盛り上がるぐらいの泡をつくります。

そして、ゴシゴシと強く擦らないように注意しながら、泡を軽く押すようにして、泡の力で汚れを落とすようにしましょう。

顔がピリピリするほどの強烈な洗顔というのは、顔の肌が硬直することで、くすみの原因になると言われています。

最後に、ぬるま湯で洗顔料を綺麗にすすいで、清潔なタオルを使って軽く押さえるようにして水気を吸いとります。

このように、正しい洗顔とはシンプルなものですが、汚れを落とすだけでなく、化粧水や美容液を浸透しやすくして、保湿の効果も高めてくれます。

また、ダブル洗顔は肌へのダメージが大きいので、刺激の少ない肌に合うクレンジングで、しっかり落とすようにすることが重要だと思います。